代表的なたるみ治療|ヒアルロン酸注射やたるみ治療について徹底解説

たるみ治療を考えている方に

代表的なたるみ治療にはヒアルロン酸注射・ボトックス注射・コラーゲン注射の3つがあります。これから、顔のたるみ治療を検討している方はぜひこれらの治療方法を学んでおきましょう。

代表的なたるみ治療

婦人

ヒアルロン酸注射

代表的なたるみ治療の1つがヒアルロン酸注射です。安全性が高く顔の様々な部位に注射できることが特徴です。ヒアルロン酸は体内にもともと存在する成分なのでアレルギーなどの心配がありません。また、クールダウンの時間も短いことが特徴で手軽にできるたるみ治療の1つになります。

ボトックス注射

ボツリヌス菌由来の成分を使用しているのがボトックス注射です。ヒアルロン酸注射とは違い、筋肉の力を弱めてたるみを改善させることができます。こちらもたるみ治療では人気な治療方法の1つですが、施術する医師の技術も必要になる少し高度な治療方法になります。医師選びをしっかりする必要があります。

コラーゲン注射

たるみの大きな原因がコラーゲンの減少です。このコラーゲンを外から追加することにより、たるみを改善することができます。コラーゲン注射で注意することの1つがアレルギー反応についてです。人によってはこのコラーゲンでアレルギー反応を起こすことがあります。

たるみの種類

皮膚でたるんでしまうケース

たるみと一口に言ってもたるみには様々な種類があります。そのうちの1つが皮膚のたるみです。これは、皮膚の中にあるコラーゲンやエラスチンが歳をとって減少することで起こる現象です。この皮膚のたるみは、目元や口元のしわに出てきます。

むくみでたるんでいるケース

皮膚の中に水分が無駄にたまってしまうとむくんでしまい、これがたるみに繋がります。このたるみは、脂肪が下に下がってしまうため、目元が腫れやすくなります。

脂肪を支えるネットによるたるみ

皮膚の下には脂肪がありますが、この脂肪は、各部位でゴムのようなネットに支えられています。このネットが古くなってしまうと脂肪の重さに耐えられずに、たるみを引き起こしてしまいます。この脂肪のたるみがほうれい線や首のたわみに出ます。

脂肪繊維のたるみ

脂肪繊維は、脂肪が下に垂れてこないように支える役割を持っています。しかし、歳をとることによって脂肪を支える力をなくした脂肪繊維が脂肪を支えきれずにたれてきます。その脂肪繊維のたるみがほうれい線や目のくまの原因になります。